HOME>アンプルライン

タイトル
アンプル工場は無菌充填工場として設計され、その品質はバリデーションにより保証されております。
充填及び検査包装ライン(各3ライン)、5本・10本の個包装ライン(2ライン)があり、製造本数は1日およそ25万本まで、容量は1mL〜20mLまで製造可能です。

調製

調製タンクは大小4種類あり、最大1500リットルまで調液が可能です。
アンプル容量や製造本数毎に最適な調製タンクで調液し、充填機へ送液します。

容器洗浄・乾燥・滅菌

アンプル容器は1本1本洗浄され、クリーンな
環境下で乾燥・滅菌後、充填機へ自動搬送されます。

充填

洗浄・乾燥・滅菌されたアンプル容器に、ろ過滅菌フィルターでろ過された薬液を
充填し、熔閉(密封)した後、滅菌工程に搬送されます。

滅菌

充填熔閉されたアンプルをトレー収納後、滅菌(高圧蒸気滅菌等、製品毎の特性を考慮し温度及び時間設定が可能。)を行います。  
滅菌後、乾燥し検査包装工程へ搬送されます。

検査・包装

滅菌後、外観検査・異物検査・ピンホール検査・ラベル貼付・ロンドレーション収納され、個装箱に納め製品となります。特に各種検査機器は、品質管理面からフェールセーフの考えを積極的に取入れてライン設計され、不適検知品を確実に系外排除する機構となっています。
お問い合わせ先

ページ先頭へ

Copyright (C) KYOWA CritiCare Co., Ltd. All Rights Reserved.